長野県は11日、パキスタンから9日に成田空港に帰国した中野市居住の30代男性が、空港の検疫で新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表しました。

男性は、検疫の時は症状がなかったため、家族の車で中野市の自宅に戻りましたが、その後、発熱の症状がみられ、10日に医療機関に入院したということです。

県は、同居家族2人を濃厚接触者として経過観察することにしています。

(画像:NIAID-RML)