SNSで知り合った当時15歳の女子高校生と車内でいかがわしい行為をしたとして、36歳の会社員の男が逮捕されました。

 児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで逮捕されたのは、北海道清里町に住む36歳の会社員の男です。

 男は2019年10月12日、網走市内に駐車した車の中で、SNSで知り合った当時15歳の女子高校生に現金を支払う約束をして、いかがわしい行為をした疑いがもたれています。

 警察が女子高校生を別件で補導し、話を聞く中で男の容疑が浮上しました。

 男と女子高校生が会ったのはこの日が初めてだったということです。

 警察は金額を明らかにしていませんが、「お小遣い程度」の約束をしていたとみられます。

 男は調べに「間違いありません。現金も支払いました」と容疑を認めています。