家族3人がボーガンで撃たれ死亡した事件。
逮捕された23歳の男が、重傷を負った伯母を「電話で呼び出した」と話していることがわかった。

殺人未遂の現行犯で逮捕された大学生の野津英滉(ひであき)容疑者(23)。

調べに対し、野津英滉容疑者は「ボーガンは自分のもの」、「家族全員を殺すつもりだった」などと供述しているという。

凄惨(せいさん)な事件は、閑静な住宅街が広がる兵庫・宝塚市で6月4日起きた。

4日午前、首に矢が刺さった女性が近所に助けを求めたことから事件が発覚。

警察や消防が現場に駆けつけてみると、住宅の居室で頭に矢が刺さり死亡している野津英滉容疑者の祖母・好美さん(75)と、リビングで頭に矢が刺さり死亡している母親のマユミさん(47)を発見。

さらに弟の英志(ひでゆき)さん(22)は、浴室で頭に矢が2本刺さった状態で見つかった。

目撃した近所の住民「ストレッチャーに乗せられて頭の上から足の先まで毛布で全部隠されて、ちょっと手が見えてて、(手に)出血の痕が付いていた感じ」

当初、英志さんは意識があったが、その後死亡した。

近所に助けを求めた伯母(49)は首に矢が刺さり重傷となっている。

その伯母について野津容疑者が「伯母を電話で呼び出した」と供述していることがわかった。

凄惨な犯行の凶器となったのは、ボーガンだった。

ボーガンとはいったいどういったものなのか。
体験施設で取材させてもらった。

ボーガンは、アーチェリーのように離れた場所から的を狙う競技で使われ、専用の矢を弓にかけ、引き金を引くことで矢が発射される。

REEAST ROOM浅草店 河東誠さん「許可は特に必要ないですね。資格とかは必要なく購入することができます」

店舗や自治体などによって購入基準に違いはあるものの、インターネット通販などでも入手は可能だ。

警察によると、野津容疑者が4人に対して放った矢は、少なくとも5本だという。

そのボーガンを使って矢を放つためには、まず矢をセットする必要があるのだが...。

小澤陽子アナウンサー「(矢をセットするには)どれくらいの時間がかかりますか?」

REEAST ROOM浅草店 河東 誠さん「そうですね、慣れても10秒から20秒はかかるかなと思います」

矢は、1本ずつ装填する必要があるという。
試しに小澤アナウンサーが矢のセットにチャレンジしてみたが...。

小澤陽子アナウンサー「(弓が硬くて)全く降りませんね。かなり体重と力をかけてますけれどもビクともしません」

その作業にも慣れが必要で、女性の力ではなかなか難しいようだった。

野津容疑者を知る近隣住民「ぽっちゃりした方で、普通のおとなしそうなお子さんでしたけどね」

「何かを変えたいと思えば全て自分で変える」。

これは野津容疑者が小学校の卒業文集につづった言葉だ。

「将来の夢をいつか必ず見つけて、なりたい者になります」。

締めくくりに大きな「心」という文字を書いていた。

大学4年になった野津容疑者。
いったい何を思い、家族に矢を放ったのだろうか。

調べに対し、「間違いありません。家族全員を殺すつもりだった」と容疑を認めている野津容疑者。

警察は、野津容疑者が祖母ら3人をボーガンで撃ったあと、伯母を電話で呼び出して殺害しようとしたとみて犯行の動機など調べる方針だ。