海開き“しない”決断…聖籠町・網代浜海水浴場

気温の高い日が続き、海水浴を待ち望む人も多いこの時季。
しかし2020年は、新型コロナウイルスの影響で海開きをするかしないか、海水浴場によって対応が分かれている。

今は静かな海岸だが、毎年夏になると多くの人でにぎわう新潟・聖籠町の網代浜海水浴場。
しかし2020年の夏は、そのにぎわいは見られそうにない。

網代浜海水浴場は、例年7月に海開きを行い、シーズン中は県内外から1万人ほどが訪れる。

しかし2020年は…

聖籠町役場 産業観光課 萩原波春課長:
海水浴場を開設しないということで、決断させていただきました

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、海開きをしないことが決まった。

聖籠町役場 産業観光課 萩原波春課長:
遊泳区域が限定されていますので、そこに大勢の人が集まって密接する可能性も十分あるということで、十分なコロナの感染対策が取れないと

網代浜海水浴場は、遊泳区域が狭いため、少ない人数でも密集してしまう恐れがあるという。

これにより、今年は遊泳区域を区切るロープが設置されず、海の家も開かない。

地元の人:
子どもも遊ばせたいと思っていたので、ちょっと残念です

地元の人:
聖籠町全体が元気がなくなるのは寂しいかなと思います

海開き“しない”ことによる危険も…

さらに、遊泳区域のロープを設置しないことで、こんな心配も…
遊泳区域から離れた場所には、離岸流が発生する恐れのある危険な箇所もある。
こうした場所への立ち入りも懸念される。
この海岸では、2010年 離岸流に流されたとみられる中学生が亡くなる事故が起きている。

地元の人:
見てると流れが速いところが結構あるんですけど、わからない方って結構いらっしゃるので。やっぱり小さいお子さんとかいると危ないかなと思いますね

遊泳区域が設けられないことで、離岸流が発生しやすい場所と知らずに訪れた人が、泳いでしまう可能性がある。

また、監視員も常駐しないため、身の危険を自ら守らなければならない。

聖籠町役場 産業観光課 萩原波春課長:
監視員もいませんし、できましたら、今年度は町民の方も(遊泳を)控えてもらう形がいいのかなと思っております

海開き“する”決断した柏崎市長は

一方、柏崎市の桜井雅浩市長は、3密になる恐れがないとして、2020年の海開きを行う方針を示した。

柏崎市 桜井雅浩市長:
かつての柏崎の海水浴場、1シーズンに100万人、海水浴だけでお越しいただいた時があったんです。今は、『3密』といわれるような状況に至っていない

柏崎市の海水浴場は、15カ所と広範囲なほか、昨シーズンの利用客はピーク時の半数ほどになっているため、密集の恐れがないと判断したという。

海開きの決定に、海水浴場近くで旅館を営む人は…

小竹屋旅館 栃堀耕一さん:
まずは一安心かなというところはありますけれども。実際、お客さまがどの程度いらっしゃるのかとか、不安がいっぱいなところですね

自治体によって対応が分かれる海開き。
柏崎市では、7月5日に海開きをする予定。

(新潟総合テレビ)