世界的に有名な工業デザイナーが、自らデザインしたフェラーリで、制限速度を大幅に超えて走行したとして、在宅起訴されていたことが分かった。

この記事の画像(11枚)

出した速度は128キロ。88キロオーバーだった。

道路交通法違反の罪で2022年12月に在宅起訴されたのは、山形市在住の工業デザイナー・奥山清行被告(63)。緑に囲まれた緩やかなワインディングロード。地元で人気のドライブコースを奥山被告は走っていたという。

起訴状によると、奥山被告は2022年10月、山形市の西蔵王高原ラインで、自らがデザインを手がけたエンツォ・フェラーリを運転。

制限速度40キロを88キロ上回る128キロで走行し、摘発された。

東京五輪のメダルデザインの審査員務めたことも

乗っていたエンツォ・フェラーリは、世界的に有名なイタリアの自動車メーカー、フェラーリから2002年に発売された超高級車だ。

当時の価格は約8000万円。最高時速は350キロ以上だ。

フェラーリのデザインをイタリア人以外が担当したのは、奥山被告が初めてとされている。

奥山被告は、東京オリンピックでは、メダルのデザインを決める審査員を務めた。

奥山被告(2018年):
正直デザインを世界中でやらせていただいている中で、これに参加できたことというのは、僕のキャリアの中でもこれほど光栄なことはない。

工業デザイン界で活躍していたのに…判決が待たれる

このほかにも、JR山手線や秋田新幹線、北陸新幹線など、私たちに馴染みのある電車のデザインまでを手がけたことでも知られている。

工業デザイン界で活躍する一方で、2007年にはベストドレッサー賞を受賞した。

奥山被告(2007年):
今日のコンセプトが作業着でして。ありがとうございます。

自らデザインしたフェラーリで飛ばしすぎた奥山被告。その裁判は、2月3日に山形地裁で始まり、判決は10日に言い渡される予定だ。

(「イット!」2月7日放送より)

記事 2932 イット!

知りたかったことが分かれば、きっと明日が楽しくなる。
知らなかったことが分かれば、きっと誰かに話したくなる。
「明日も頑張ろう」と思えるそのささやかな力になれればと今日もニュースをお届けします。
フジテレビ報道局が制作する夕方のニュース番組。毎週・月曜〜金曜日午後3時45分より放送中。榎並大二郎と宮司愛海が最新ニュースを丁寧にお伝えします。