ドイツ政府が、攻撃力の高い主力戦車「レオパルト2」をウクライナに供与すると発表した。

一方、アメリカのバイデン大統領も、主力戦車「エイブラムス」31両をウクライナに供与すると発表した。

バイデン大統領は25日、「エイブラムスは世界で最も強力な戦車だ」と述べ、ウクライナの防衛力強化につながると強調した。

政府高官は、「エイブラムス」31両がウクライナに到着するのには、訓練や部品の調達などで数カ月かかるとしている。

アメリカは当初、慎重な姿勢だったが、ドイツなどが供与に踏み切ったことで、各国の結束を図るため、方針を転換したとみられる。

アメリカ・バイデン大統領「ドイツは立ちあがった。アメリカとヨーロッパは完全に団結している。プーチンはわれわれの支援が時間とともに崩壊すると思っていたようだが、それは間違いだ」

一方、ロシアのペスコフ大統領報道官は、「ほかの戦車と同じように燃え尽きるだろう」と警告した。