今季最強の寒波が北海道内に猛威を振るっています。

 1月25日の北海道内は、日本海側を中心に見通しの全くきかない猛吹雪になっていて、事故なども相次ぎました。

 1月26日にかけて警戒が必要です。

 古澤 哲也 記者:「非常に強い風が吹いていて立っているのもやっとです。また海もこの風の影響で非常に荒れています」

 冬の嵐となった1月25日の北海道内。

 留萌市では、最大瞬間風速27.6メートルを観測。

 見通しが全く聞かないホワイトアウト状態に。


 札幌市でも、明け方は、地吹雪で見通しの悪くなる時間がありました。

 福本 義久 アナウンサー:「岩見沢の国道12号線です。ホワイトアウトにより、前方の車もハザードランプを点滅させながら走行しています」

 また、各地で事故も相次ぎました。

熊坂 友紀子 記者:「トラック複数台が絡む事故が発生しています」

 札幌市と当別町にかかる「札幌大橋」付近では、午前10時前トラックなど9台が絡む事故が発生。


 一方、この寒さで札幌市内では車のバッテリーが上がるトラブルが相次ぎました。

 救助要請した人:「JAFに電話がつながらなくて。久しぶりの寒さが身に染みています」

 JAFの救助出動は続きます。

 JAF 特別支援隊員 揚野 友貴さん:「寒いと(バッテリーが)上がりやすい。バッテリーが弱っていると寒さでとどめを刺される」

 救助要請した人:「もう嫌ですね。仕事にも行けない」

 寒さが続く1月26日も注意が必要だといいます。

 JAF 特別支援隊員 揚野 友貴さん:「(車の)埋まることは少ないが、バッテリー上りが多くなりそう」

 一方、JRは札幌市と新千歳空港とを結ぶ快速エアポートなどあわせて344本が運休しています。

 1月26日も110本の運休が決まっています。

 空の便では新千歳空港を発着する76便が欠航しています。

 そして、寒さも厳しくなりました。

 全国で最も低くなった陸別町では、氷点下26.9℃を観測。

 空中にまいた熱湯は地面に落ちる前に、一瞬にして霧になりました。


 札幌市でも最低気温が氷点下12.8℃と、今季一番の寒さになりました。

 札幌市民:「寒いです。きょうはきついです」

 9月に引っ越してきた男性:「地下は暖かくて、外寒いからどういう格好をしていいか迷う。結構つらいです」

 今夜が暴風のピークで、最大瞬間風速は35メートル、雪は、1月26日夕方にかけて日本海側で60センチの予想で、引き続き、猛吹雪による交通障害に警戒が必要です。

 一方、最強寒波で生活への影響が…。

 遠藤 まさし 記者:「午前9時過ぎの札幌市の水道修繕会社では、先程から水道凍結に対する問い合わせが殺到し、スタッフが対応に追われています」

 クラシアン 北海道事業本部 横山 至 本部長:「50件ほど凍結の依頼が殺到している状況。(Q:(作業に)行くまでにどれくらいかかる?)最短で1月26・27日の対応に。すぐ近所であればタイミングによっては、すぐ行ける場合もある」


 凍結した、札幌市北区のお宅にお邪魔すると…。

 遠藤 まさし 記者:「2階のトイレの扉には、使用禁止と貼り紙があります。トイレのボタンを押してみます。機械の音はするが、水は流れません」

 依頼者:「朝5時過ぎに(前日)水抜きをしていたので、給水にハンドルを回したら水が出なくて(凍結に)気づいた。(Q:凍結で困ったことは?) 朝なので子どもたちのトイレをコンビニで借りた」

 そこへ水道修繕会社が到着。

 現場を確認すると、高温スチーマーをもち、床下に潜り込みました。そして2時間後…。

 遠藤 まさし 記者:「床下から蒸気が上がり、水が出てきました」

 クラシアン テクニカルアドバイザー 塩田 恭坪さん:「直りました。(Q:水抜きしたのになぜ凍結した?) 通気口が開いている状態で、そこから冷気が侵入して配管が冷やされてしまった」

 クラシアン テクニカルアドバイザー 塩田 恭坪さん:「(Q:対策としては? )(通気口を)閉じて雪を積めば暖かくすることができる」

 クラシアン テクニカルアドバイザー 塩田 恭坪さん:「(Q:凍結した場合にやってはいけないことは? )水道管を高温で温めてしまうと、配管が溶けてしまったりおかしくなることがあるので、避けた方がいい」


 依頼者:「すごく大がかりなので正直驚きました。これで安心しました」

 一方この寒さで札幌市内では車のバッテリーが上がるトラブルが相次ぎました。


 救助要請した人:「JAFに電話がつながらなくて。久しぶりの寒さが身に染みています」

 JAFの救助出動は続きます。

 JAF 特別支援隊員 揚野 友貴さん:「寒いと(バッテリーが)上がりやすい。バッテリーが弱っていると寒さでとどめを刺される」

 救助要請した人:「もう嫌ですね。仕事にも行けない」

 寒さが続く1月26日も注意が必要だといいます。

 JAF 特別支援隊員 揚野 友貴さん:「(車の)埋まることは少ないが、バッテリー上りが多くなりそう」

 一方、JRは札幌市と新千歳空港とを結ぶ快速エアポートなどあわせて334本が運休しています。


 1月26日も110本の運休が決まっています。

 空の便では新千歳空港を発着する75便が欠航しています。