女子中学生にいかがわしい行為をし、その様子を撮影した疑いで、プロバレーチームの元選手の男が逮捕された。

男は、撮影した動画について、「買う人いませんか」などとSNSに書き込み、客を募集していた。

25日に送検されたのは、プロバレーボールチームの元選手で、北海道・南幌町の会社員・白戸謙伸容疑者(23)。

白戸容疑者は1月10日、札幌市内のホテルで、14歳の少女といかがわしい行為をし、その様子をスマートフォンで撮影したとして、北海道青少年健全育成条例違反などの疑いで、23日に逮捕された。

警察によると、白戸容疑者は、動画の撮影を少女に提案し、撮影した動画について、「買う人いませんか」などとSNSに書き込み、客を募集していた。

警察は、余罪などをくわしく調べている。