1月8日に北九州市で墨汁のような黒い液体を女性の振り袖にかけて汚した疑いで、24日、33歳の男が逮捕されました。

器物損壊の疑いで逮捕されたのは、北九州市若松区の会社員・平井英康容疑者(33)です。

警察によりますと、平井容疑者は1月8日、北九州市の「二十歳の記念式典」会場近くのコンビニエンスストアで、参加女性の振り袖などに黒い液体をかけて汚した疑いです。

調べに対し、平井容疑者は「会場付近に行き女性を見たりしましたが、振り袖などに液体はかけていません」と容疑を否認しています。

事件当日、会場付近で同様の被害が10件相次いでいて、別の場所で被害にあった女性(20)は「犯人が30代の男性と聞いてびっくりした。逮捕されたと聞いて安心した」と話しています。

記事 749 テレビ西日本

山口・福岡の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。