24日午前、竹富島沖で貨物船が強風に流され座礁し、石垣島海上保安部が19人の乗組員全員を救助しました。

第11管区海上保安本部によりますと、24日午前9時半頃、石垣港に向かっていたパナマ船籍の貨物船が竹富島の北西5キロの沖合で座礁したと通報がありました。

貨物船には中国人の乗組員19人が乗っていて、石垣島海上保安部がヘリなどで現場にかけつけ通報から約3時間半後に全員無事に救助されました。

救出の際、周辺の波の高さは5メートルでうねりを伴い、風速32mの猛烈な風が吹いていました。

現場は国内最大のサンゴ礁が広がる石西礁湖がある海域で、石垣海上保安部は油漏れなどがないか巡視船で監視を続けています。

記事 857 沖縄テレビ

沖縄の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。