細田衆院議長が自身と旧統一教会との関係について24日、与野党の代表者に説明した。

この中で、細田議長はこれまで記者会見などを行わなかったことについて「議長として答えることは適切ではない」と説明したという。

細田議長は教団との関係について関連団体の会合などへの出席を文書で認める一方で、国会などでの発言を避けていて、野党側は、記者会見などで説明するよう求めていた。

細田議長は24日、議長公邸で与野党の代表者に対して、自身と教団との関係について説明した。

出席者から「なぜ自分の言葉で語られてこなかったのか」と記者会見などを行わない理由について質問されたのに対し、細田議長は「公平中立を旨とする議長として過去のことについて答えるのがいかがなものか」「議長として答えるのは適切ではない」と答えたという。

24日の説明も、冒頭部分のみ公開され、やりとりは全て非公開で行われた。