北海道内は、数年に一度の寒気が流れ込み、厳しい寒さになっています。

 また、24日夜からは猛吹雪に警戒が必要です。

 数年に一度の強い寒気が流れ込んでいる24日の道内。

 朝から気温が上がらず、24日午前11時の気温は、札幌市で氷点下6.1℃、北見市で氷点下12.4℃となっています。

 市民:「猛吹雪だったもんね。午前5時20分くらいから。約10センチくらい積もった」

 また、道内は冬型の気圧配置が強まり、予想される最大瞬間風速は、25日にかけて30~35メートルとなっています。

 また、25日昼にかけて降る雪の量は、多い所で40センチです。

 24日夜から、日本海側を中心に猛吹雪に警戒が必要です。