24日は、10年に一度レベルの強い寒波が列島を襲い、日本海側を中心に大雪となるおそれがある。

一方、この雪や強風の影響で、24日の空の便は、すでに120便を超える欠航が決まっている。

日本航空では24日、大阪・伊丹空港や出雲空港を発着する便など、72便の欠航が決まっている。

また全日空でも、能登空港や富山空港を発着する便など、56便の欠航が決まっている。

寒波の影響で、さらに欠航便が増える可能性があり、最新の情報に注意が必要。