東海3県では、25日にかけ岐阜県を中心に大雪になる見込みで、三重や、愛知の平地でも大雪に注意が必要です。

 気象台によりますと、冬型の気圧配置が強まり、東海3県にはこの冬一番の寒気が流れ込む見込みで、25日にかけ、岐阜県の山地を中心に大雪になり、三重北中部や愛知の平地でも大雪となるところがある見込みです。

 25日午前6時までの24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで、岐阜の山地で60センチ、平地で30センチ、三重県で20センチ、愛知の平地で5センチなどと予想されています。

 25日は、各地で気温が氷点下になり、積もった雪が解けにくくなる見込みで、気象台は路面の凍結による交通の乱れや、水道管の凍結などに注意・警戒を呼びかけています。