FNNがこの週末に実施した世論調査で、屋内でのマスク着用を原則、不要にすべきか聞いたところ、「今のままでよい」が64.4%だった。

調査は、1月21日、22日に電話調査(RDD 固定+携帯)で行い、全国18歳以上の男女1,026人が回答した。

岸田首相は、原則、この春に新型コロナの感染症法上の位置付けを、季節性インフルエンザと同じ「5類」に引き下げる方針を示したが、「引き下げるべき」は48.7%、「今のままでよい」は46.5%で、意見が分かれた。

屋内でのマスク着用については、発熱など症状のある人や感染防止対策が必要な人を除いて、「原則、不要とすべき」は31.9%で、「今のままでよい」が64.4%だった。

政府の新型コロナ対策を「評価する」は51%、「評価しない」は42%だった。