この記事の画像(4枚)

1月22日未明、神戸市兵庫区の集合住宅で起きた火災。
発生直後に撮影された映像には、多くの消防隊員が建物を取り囲み、消火を試みる様子が映っている。撮影した男性は、午前1時40分ごろ、バイクで近くの道路を通っていた際に火災を目撃。慌ててそのまま避難している住民や「火事だ」と叫んでいる人もいたとのこと。

この火事で1階に住む4人が死亡、3人が意識不明の重体となっている。

神戸の集合住宅火災で4人死亡…単身者向けで高齢者も居住

この辺りは住宅が密集しており、その一角に火災のあった集合住宅は建っている。

3階の住人:
(1階の)火の勢いがすごかったから、これは無理だと思って。

2階の住人:
非常ベルが鳴ってないと思う。(自分も)煙吸った感じで、ふーふー吐いてしまって。

住人によると集合住宅は単身者向けで、火元とみられる1階部分には、体の不自由な高齢者や車いすの利用者も住んでいたという。

4人の犠牲者を出した住宅火災。一体、何が起きたのか?

1月22日午前1時半ごろ、神戸市兵庫区の集合住宅で黒い煙が窓から出ていると、近所の人から消防に通報があった。

消防車など31台、100人態勢で、約1時間後に火はほぼ消し止められたが…、3階建ての集合住宅300平方メートルのうち、1階と2階部分あわせて26平方メートルが焼け、1階に住んでいた山口勝弘さん、村上忠雄さん、木村敏彦さん、津田正行さんの4人が死亡。
また、40~70代の男性4人が意識不明の重体で病院に運ばれ、その後40代男性は意識が回復したという。

何が起きた?死亡した4人と同じ“1階の住人”が証言「建物の構造」

火災が起きた集合住宅は3階建て。31の部屋があり、約30人が暮らしていた。

この階に住む住人によると、火元とみられる1階内部は、キッチンと風呂、トイレは共有で、3畳ほどの部屋が壁に沿う形で10部屋あるという。

今回、証言してくれたのは、北側の角部屋の住人。
最も激しく燃えたのは、住宅の出入り口に近い南側の角部屋だったという。

被害はなぜ拡大したのか?

改めて建物1階の内部を見ると、上の階に続く階段がないのがわかる。
実はこの建物、各階を結ぶ階段は外階段のみで、内部に階段はなかった。

2階の住人:
2階と3階は外階段から出てこれるんだけど、1階はそこしか入り口がない。助けてという声もまったくしなかった。

1階で煙が滞留か…専門家が分析「被害拡大」の理由は

亡くなった住人は、玄関近くが激しく燃えたことで逃げ場を失ったのか?

火災に詳しい東京理科大学の松山賢教授は…

東京理科大学 火災科学研究所所長 松山賢 教授:
2階・3階への階段がないということを考えると、1階の中で煙が滞留していた可能性が非常に高いと思います。いざというときは1階の窓から逃げることはできるかと思います。ただ身体機能として、なかなか逃げるにあたっても、少し時間がかかってしまうという方々だった。

高齢の単身者が暮らす集合住宅で起きた悲劇…

警察と消防は、出火の原因を調べている。

(「Mr.サンデー」1月22日放送分より)