ロシアの侵攻を受けるウクライナへの軍事支援をめぐり、ヨーロッパの11カ国が主力戦車含む「前例のない支援」を表明しました。

イギリス、ポーランド、バルト3国など11カ国の国防相らは、エストニアで 19 日に開いた会合で、ウクライナに対する「前例のない支援」を提供すると約束し共同声明を発表しました。
声明では、各国による主力戦車や重火器、防空システムの供与計画が盛り込まれていてます。

ポーランドが供与の意思を表明している主力戦車「レオパルト2」については、製造国であるドイツの承認が必要となっていて、ウクライナへの軍事支援を協議する20 日の国際会議を前に、ドイツに決断を促したかたちです。

ウクライナのゼレンスキー大統領は各国に対し、「強力な決断を期待する」とした上で、「ドイツのリーダーシップを信じる」と訴えました。

記事 911 国際取材部



世界では今何が起きているのか――ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、モスクワ、イスタンブール、北京、上海、ソウル、バンコクのFNN11支局を拠点に、国際情勢や各国の事件・事故、政治、経済、社会問題から文化・エンタメまで海外の最新ニュースをお届けします。