ウクライナでは、1月14日、ロシア軍のミサイル攻撃が集合住宅を直撃。

これまでに、子ども3人を含む40人が死亡、30人の安否がわかっていません。

こうした攻撃により、電力不足など生活への影響も深刻化しています。

停電を余儀なくされるウクライナ市民の暮らしを取材しました。