プレスリリース配信元:Kenneth Research


調査期間: 2022年11月10日ー11月16日

調査業者: RNPL Inc.

調査対象:当社は、あらゆる規模の 584の市場プレーヤーに対して調査を実施しました。

有効な回答の数: 584

調査方法: 実地調査290、インターネット調査294

調査回答者: 調査は、収益に基づいて企業を対象に実施されました。

質問:世界の医療用チューブ市場の拡大を促進する要因は何ですか?

市場の拡大は、世界中の病院でカテーテルとカニューレの需要が高まっていること、および手頃な価格で医療グレードのプラスチックの供給が拡大していることに起因する可能性があります。今後数年間で、2 つの要因が市場の拡大を推進すると予想されます。これらには、これらの国際的な医療製品への消費者のアクセスの増加、とチューブを使用する医療機器の必要性の高まりが含まれます。さらに、この業界は今後数年間で、多くの成長見通しを持つことが予測されています。これは、個人所得の増加、高い慢性疾患の発生率、および急速に拡大する高齢者人口によるものです。

質問:調査期間中の世界の医療用チューブ市場はどのような成長が見込まれますか?

世界の医療用チューブ市場は、約 9% の CAGR で拡大しており、約 200 億米ドルの売上を生み出すと予想されています。さらに、この市場は 2022 年に 80 億米ドル以上の売上をもたらしました。

詳細はこちらをご覧ください。: http://bit.ly/3Fd8BsY

質問: 世界の医療用チューブ市場の主要な分割は何ですか?

世界の医療用チューブ市場は、材料、用途、およびエンドユーザーなどに分割できます。これはさらに次のように分割できます:

材料別 - PVC、ポリオレフィン、TPEsとTPUs、シリコン
用途別 - バルク使い捨てチューブ、カテーテル、および薬物送達システム
エンドユーザー別 - 病院および診療所、外来手術センター、医療研究所、とその他



質問:チューブ用途向けの熱可塑性エラストマー (TPE) への現在の市場動向があるのはなぜですか?

熱可塑性エラストマー (TPE) は、熱硬化性ゴムの優れた性能と熱可塑性樹脂の加工のしやすさを提供します。したがって、これらは、柔軟な PVC やシリコンなどのさまざまな医療グレードの材料の適切な代替品です。これらは、純度が高く、生体適合性が高く、低コストで高性能です。また、それらは、カテーテル、IV、薬物送達、ガス供給、および胸腔ドレナージのシングルおよびマルチルーメン チューブで使用されます。その他の機能は、以下のとうりです -

優れた押出速度とスループット
低レベルの抽出物
広い温度範囲
FDA準拠の原材料で製造す
DEHP、フタル酸エステル、BPA、ラテックス不使用動物由来原料不使用(ADM)

質問:世界の医療用チューブ市場における最近の展開は何ですか?

医療および製薬機器用のコンポーネントおよびチューブのメーカーである Freudenberg Medical は、HelixFlex を導入しました。これは、医薬品およびバイオ医薬品用途向けの純粋な熱可塑性エラストマー TPE チューブです。これは、溶接可能、密閉可能、半透明で、多くの利点を 1 つにまとめています。HelixFlex は、蠕動ポンプやローラー ポンプなどのポンプ用途や、安全で確実な流体移送に使用できます。

Venabio、Braided Flexelene、Flexelene 135C、EJ Prene などの新しい医療およびバイオプロセス チューブ ブランドが、OEM 使い捨てコンポーネントのグローバル サプライヤーである Qosina によってクラス VI チューブ ポートフォリオに追加されました。

質問:世界の医療用チューブ市場を支配すると予想される地域はどれですか?北米地域の市場は、2021 年の世界の収益シェアの 37.8% を占めており、今後もその傾向は続きます。これは、多額の医療費、確立された医療施設の存在、および著名な市場参加者によるものです。メディケアおよびメディケイド サービス センターは、米国が 2019 年にヘルスケアに費やした金額は約 3.8 兆米ドルで、前年比で 4.6% 増加したと推定しています。

会社について:

RNPL の目的は、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼できる調査の洞察をクライアントに提供することです。当社は、さまざまな市場セクターと連携する専門知識を持っています。これは、お客様に可能な限り最高のサービスを提供し、お客様が賢明な決定を下せるよう支援します。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。