衆参両院の国会議員に9日、冬のボーナスにあたる期末・勤勉手当が314万円支給された。

国会議員に9日、支給された冬のボーナスは314万円。
また、財政改革の一環としてボーナスの一部を自主返納することになっている首相と閣僚については、岸田首相には3割カットの398万円(返納前は569万円)、閣僚には2割カットの332万円(返納前は415万円)がそれぞれ支給された。

一方で、11月に更迭された葉梨前法相と寺田前総務相については、基準日の12月1日の一ヶ月以内に在職していたため、閣僚としてのボーナス332万円支給の対象となっている。

また衆参両院の議長には527万円支給された。