データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

プレスリリース配信元:株式会社こどもりびんぐ

シルミル研究所のWebコンテンツ「こどもリサーチ」が実施した「軽自動車」に関する調査(2022年)

園児とママ・パパの情報誌「あんふぁん」「ぎゅって」を発行する株式会社こどもりびんぐ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:中島一弘)では「シルミル研究所」としてリサーチ事業を展開しています。「シルミル研究所」では、全国のママ・パパを対象にしたリサーチ事業「こどもリサーチ」を実施し、Webコンテンツとして発信しています。第42回となる調査テーマはママ・パパが選ぶ「軽自動車」(2022年)について。子どもがいる人を対象に、利用経験や感想を聞きました。また、総合満足度1位を受賞したホンダ・N-BOXの商品企画担当者に人気のヒミツを取材し、あんふぁんWebで紹介しています。




【あんふぁんWeb】こどもリサーチ#42 支持される軽自動車のヒミツ
https://enfant.living.jp/mama/kodomo_research/971823/

◆全国のママ・パパが選ぶ「軽自動車」ランキング
2022年9~10月に実施した全国のママ・パパが選ぶ軽自動車、利用率第1位は「スズキ/ワゴンRシリーズ」、価格満足度第1位は「ダイハツ/タント」、総合満足度第1位は「ホンダ/N-BOX」(同車はリピート率第1位も受賞)、おすすめ率(※)は「スズキ/スペーシア」という結果になりました。
※おすすめ率=利用経験のある車について、おすすめしたいかどうかを11段階(0~10)で回答。9・10と回答した人を推奨者とし、その割合の高い順にランキングしています





▼スズキ/ワゴンR https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/
▼ダイハツ/タント https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/
▼ホンダ/N-BOX https://www.honda.co.jp/Nbox/
▼スズキ/スペーシア https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/


◆利用経験者のリアルな声を紹介
利用率、価格満足度、総合満足度、おすすめ率ランキング1位の利用経験者からは、以下のような感想がありました。

【ワゴンRシリーズ利用者の声】安心感があり、楽に走行できる。燃費も良い。(30代・千葉県)
【タント利用者の声】子育て世代のために考えられていて、助手席のスライドも運転席に座ったままでも片手で簡単にできる。(30代・愛知県)
【N-BOX利用者の声】車高が高く、後部座席も足元が広いので、子どもが室内で着替えられる。(40歳・岐阜県)
【スペーシア利用者の声】運転が苦手でも、保育園の狭い駐車場に停めやすく、小回りが利くので細い道でも切り替えせず運転できて便利。燃費もよい。(30代・奈良県)


◆車の所有経験者のうち軽ユーザーは半数以上、「買い替え」「出産」を理由に購入
今回は、子どもがいる504人が回答。自家用車の所有経験は423人で、そのうち、軽自動車の所有経験は52.7%となりました。
軽自動車購入の理由・きっかけは「前の車からの買い替え」41.7%、「妊娠・出産」14.3%、「追加で必要になった」12.1%が上位となりました(複数回答)。利用目的の上位は、「買い物」83.0%、「子どもの送迎」56.1%、「レジャー」44.4%でした。
「子どもが産まれたことがきっかけで、乗せ降ろししやすい、パワースライドドアのものに乗り換えたいと探しました。 コンパクトカーでも良かったのですが、子どもにお金がかかるので、自動車税や維持費の安い軽自動車にしました。 結果、軽自動車でも広々としていて小回りも利くので、満足しています」(30代・愛知県)という人や「コロナで在宅勤務になったので、少し田舎に引っ越しをしました。車がないと不便で、細い道も多いので小回りの利く軽を選択しました」(30代・神奈川県)という人も。

◆価格を最重視、セカンドカー利用も



また、購入時に最も重視したことの上位は「グレード・価格」「燃費の良さ」 「車内の広さ」 「外観デザイン・カラー」「乗り降りのしやすさ」と続きました(上記グラフ)。
購入時にこだわった点、悩んだ点について聞いたところ、「デザイン性の良さ、車内の広さ、価格面で悩んだ」(30代・和歌山県)という人や、 「セカンドカーなので値段を抑えたかったが、子どもの学童のお迎えで、駐車場に小さい子どもが出入りしたりするのでバックモニターは必須など、いろいろ考えると、高くついてしまった」(50代・大阪府)という声も上がっていました。





◆受賞ロゴ、調査データの活用提案も 調査項目はダウンロード可能
株式会社こどもりびんぐは、小学館グループで園児とママ・パパ向け情報誌「あんふぁん」「ぎゅって」の発行、ウーマンリサーチ等、女性や子どもを持つ人を対象とした「リサーチ事業」を展開するメディア事業者です。 「こどもリサーチ」では、今後もさまざまなテーマで調査を実施、あんふぁんWebのコンテンツとして発表してまいります。受賞企業には、受賞ロゴ・調査データ活用のご提案もしております。受賞ロゴは店頭ツール・商談資料・ブランドサイト・検索エンジン等、幅広くご活用いただけます。詳しくはお問い合わせください。調査項目は下記URLからダウンロードも可能です。
https://forms.gle/5emZWRTxDNRuUQpL6

■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社こどもりびんぐ シルミル研究所
E-mail:kodomo.research@kodomoliving.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

記事 17723 PR TIMES