プレスリリース配信元:おいしい健康

パーソナライズ献立提案・栄養管理支援アプリ『おいしい健康』を運営する株式会社おいしい健康はこのたび、第43回日本肥満学会/第40回日本肥満症治療学会学術集会において、「献立提案アプリの利用データから見る高度肥満者の食事傾向と栄養食事指導への可能性」と題した口頭演題発表を行いましたことをお知らせいたします。


本演題では、医療法人すこやか高田中央病院、東京慈恵会医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科 荏原太先生とともに、当社の管理栄養士杉林沙知子が筆頭演者として発表を行いました。

なお、本演題は優秀演題として、JASSO/JSTO in OKINAWA会長表彰を受賞いたしました。

◼ 学会情報
学術大会名: 第43回日本肥満学会/第40回日本肥満症治療学会学術集会
開催場所: 那覇文化芸術劇場なはーと
大会URL:https://jasso43-jsto40.com/
大会期間: 2022年12月2日(金)~3日(土)
演題名: 献立提案アプリの利用データから見る高度肥満者の食事傾向と栄養食事指導への可能性
演者:杉林沙知子(株式会社おいしい健康)、荏原太(医療法人すこやか高田中央病院、東京慈恵会医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科)、野尻哲也(株式会社おいしい健康)

◼ 本研究の概要
・日本肥満学会「肥満症診療ガイドライン2016」では、肥満症治療において、摂取エネルギーの抑制などの食事管理が有効とされています。
・本研究では、とりわけ食事管理の導入や継続が難渋するBMI≧35の高度肥満における食行動傾向を、献立提案アプリ「おいしい健康」の利用データを用いて明らかにすることを目的としております。

◼ 株式会社おいしい健康
「食からつくる、あたらしい健康と医療のかたち」

株式会社おいしい健康では「誰もがいつまでも、おいしく食べられるように」という理念のもと、生活者・家庭目線の「フード×ヘルスケアテック事業」を展開しております。 おいしい健康は食のパーソナライズ技術とバリアフリーにより、人生100年時代における地球規模での健康・医療課題を解決します。 テクノロジーとビッグデータを活用し、生活者個々の健康を食事面から支えることは、病気予防や重症化防止に寄与するのみならず、その先にある「心からの笑顔」を増やすことにつながります。 元気であってほしい、食べたい・食べさせてあげたいという家族の想いを叶え、健康維持や予防、病気、妊娠・育児や介護のときであっても、毎日を笑顔で過ごせる社会の実現を目指します。

代表者名:野尻哲也
設立:2016年7月
コーポレートサイト:https://corp.oishi-kenko.com/

◼ 本件に関するお問い合わせ先
https://corp.oishi-kenko.com/contact.html

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。