窃盗被害に遭ったカードゲームの専門店、床には割れたガラス片が広がり、ショーケースのガラスも割られ、中の商品がなくなっている。

この記事の画像(10枚)

盗まれたのは、幅広い世代に人気のポケモンカード約100枚で、被害額は1000万円相当にのぼるという。

カードゲーム専門店からポケモンカードが盗まれる

事件は東京・町田市のカードゲーム専門店で起きた。

店の扉を見てみると…
店の扉を見てみると…
店の扉には工具でむりやり広げられた跡があった
店の扉には工具でむりやり広げられた跡があった

店の関係者によると、5日午前3時半過ぎ、複数の人物が店の扉をこじ開け、店内に侵入。その際にできた傷なのか、工具で無理やり外側に引っ張ったような傷跡が残っていた。

その後、店内のショーケースのガラスを次々と割って犯行に及んだとみられている。

盗まれたのは高額のポケモンカードだけで、他のゲームの高額カードや現金には一切手が付けられていなかったという。

被害に遭った店のオーナー:
一応、「ポケモンカード」「ワンピースカード」「遊戯王カード」の取り扱いがあるんですけど、「ポケモンカード」だけきれいに持って行かれているということで、詳しい人物の犯行なのかなと思います。

少なく見積もっても50枚から100枚超えたくらいで、高額なカードが中心だったので、1000万近くいかれていると思います。

「ポケモンカード」の通常販売価格は、1パック(5枚~6枚)で数百円。60枚ほど入ったセットでも1000円前後。

レアカードは1枚100万円を超える価格で取引されることも
レアカードは1枚100万円を超える価格で取引されることも

ただ、世界中で人気のため、人気キャラのレアなカードは1枚で100万円を超える価格で取引されることも珍しくないという。

ポケモンだけ狙った?1枚約80万円のも含まれていた

今回盗まれたのは、そうした高額なカードばかりで1枚約80万円ほどのカードも含まれていたという。

被害に遭った店のオーナー:
ショーケース何個かある中で、ここだけ割られていたので、ある程度(価値が)分かった状態で来たのかなっていうのが怖い部分です。
古いので、もう二度と新しいものは作られないっていう意味では、希少性が増していくようなコレクター商品にはなるので、そういったところがやっぱり狙われちゃう理由なのかな…。
 

警視庁は防犯カメラ映像を解析するなどして逃げた犯人の行方を追っている。

(「イット!」 12月5日放送)