東京都内の住宅街で強盗事件が発生し、容疑者が身柄確保された際の映像を入手した。

ポリ袋には札束 カメラが捉えた強盗事件直後の様子

騒然とする住宅街。

この記事の画像(9枚)

すると路地の奥から1人の男が現れ、警察官に両脇を抱えられながら捜査車両へと連行されていった。この動画が捉えていたのは白昼に起きた強盗事件の直後の様子。

捜査員が車に積み込んでいたポリ袋。中にはいくつもの札束が入っているように見える。奪われた現金とみられる。

目撃した人:
車が止まって男が飛び出てきて、警察が追いかけていって1人捕まった。すごく(お札が)散らばってた。500万円くらい。

目撃した人:
郵便局の封筒に2つ札束が入っている状態で落ちてて、犯人も札束を警察に押さえつけられて離して。ずいぶんな金額があって怖かったですね。5~600万円はあったと思います。

約3000万円奪って逃走 1人を緊急逮捕

事件が起きたのは東京・中野区、上高田の住宅街。

午前11時前、現場の住宅に住む男性から「インターホンが鳴ったのでドアをあけたら、いきなり殴られた」と110番通報が寄せられた。

被害男性によると、男ら数人が家に押し入り、現金約3000万円を奪って逃走。捜査員が手にしていたのは、奪われた現金の一部とみられる。

警視庁は現場近くで犯行グループの男1人を発見し、強盗傷害の疑いで緊急逮捕。撮影された動画には黒い上着にカーキー色のズボンをはいた男が抵抗することなく連行されていく様子が記録されていた。

動画を撮影した人:
普通の青年だったんですね。(身長は)170cm位だったと思います。

――何か叫んでた?
動画を撮影した人:
無言です。

駅前の住宅街で白昼に起きた強盗事件。警視庁は現場からシルバーのバンタイプの車で逃走したとみられる他のメンバーの行方を追っている。

(「イット!」12月5日放送分より)