長期の休校で沼津市は、小中学校の夏休みを33日間から10日間に短縮することを決めました。

新型コロナウイルスの感染防止のため、沼津市は市立の小中学校を3月から休校にしていて、6月1日から通常通り再開します。

休校の長期化で不足した授業時間を確保するため、市は当初33日間だった夏休みを8月8日から17日の10日間に短縮することを決めました。

土日の授業は行いません。

近隣の御殿場市や裾野市なども、夏休みを2週間程度に短縮する方針です。