3年ぶりとなるNAHAマラソンが4日開催され、およそ1万2千人のランナーが沿道の声援を力に南部路を駆け抜けています。

コロナ禍を経て3年ぶりの開催となった第36回大会にはおよそ1万2千人が出場しています。

県出身の俳優・黒島結菜さんがスターターを務め、鐘の合図とともにランナーが一斉に走り出しました。

市民ランナー:
「完走がんばりまーす!」「バリバリで完走いけそうですね」「ブラボー!」
Q何回目の参加ですか?
A「31回目です」「最高です!」「あと38キロ!がんばるぞ!」

12月とは思えない強い日差しが出たり、雨もぱらつくなど天気が変わりやすいコンデションのなか、ランナーたちは沿道からの声援を背にゴールを目指していました。

なお、レースは県勢の宮城響選手が初出場で初優勝を果たしました。

記事 855 沖縄テレビ

沖縄の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。