東京の首都高速環状線を、法定速度の3倍近くで暴走した疑いで、ルーレット族の男ら4人が逮捕された。「気晴らしのつもりで走った」と供述しているが、今年に入り、ルーレット族による”危険走行”で、死者まで出る事態となっている。

PAに集合 午前0時レース開始

小野田秀太容疑者(21)と石田悠介容疑者(23)、岡田勇也容疑者(22)ら4人は、今年9月12日午前2時すぎ、港区の首都高環状線で、法定速度の3倍近い、時速およそ150キロで走行するなど、危険な走行を繰り返した疑いがもたれている。

警視庁の施設から出る小野田秀太容疑者(21)(10月1日 東京・中央区)
警視庁の施設から出る小野田秀太容疑者(21)(10月1日 東京・中央区)
この記事の画像(13枚)
逮捕された石田悠介容疑者(23)(11月29日 小岩署)
逮捕された石田悠介容疑者(23)(11月29日 小岩署)
逮捕された岡田勇也容疑者(22)(11月29日 築地署)
逮捕された岡田勇也容疑者(22)(11月29日 築地署)

4人の逮捕容疑は、道路交通法の「共同危険行為の禁止」だった。なお、この「共同危険行為等の禁止」は、暴走族による蛇行運転、信号無視などに対して、頻繁に適用される規定だ。

この日、容疑者らは、首都高の辰巳第2パーキングエリアに集合。午前2時ごろから、”レース”を開始したとみられている。ルーレット族は、その名の通り、首都高環状線を、ルーレットのように、グルグル周回しながら、スピードを競うドライバーたちのことだ。

「巻き込まれたら大事故になる」

逮捕された4人も、当時、首都高環状線を、グルグルと数周、走っていたという。そして、午前2時すぎ、港区の現場付近で、時速およそ150キロで走行。他の車の合間を縫うように走り、むちゃくちゃな進路変更や追い越しを繰り返したとのこと。

ルーレット族による当て逃げ事故が起きた首都高・霞が関トンネル付近(東京・千代田区)
ルーレット族による当て逃げ事故が起きた首都高・霞が関トンネル付近(東京・千代田区)
トンネルの側壁には、事故の跡が残されていた
トンネルの側壁には、事故の跡が残されていた

当時、現場付近を走っていたトラック運転手は、その時の様子を、「初めて見るぐらいに早かった。巻き込まれると大事故になると思った」と話しているという。その運転手の証言通り、直後に、大事故が起きてしまった。

港区の隣の千代田区・霞ヶ関トンネル付近で、小野田容疑者の車が、石田容疑者の車に衝突。その後、一般の車も巻き込まれて、合わせて4台の多重事故に発展したのだった。この事故で石田容疑者が負傷した。事故のキッカケを作った小野田容疑者は、救護措置をとることなく、その場から逃走。

警視庁高速隊は、現場から逃げた小野田容疑者について、今年10月、「当て逃げ(正式にはひき逃げ)」と「過失運転致傷」の疑いで逮捕した。現場は緩やかなカーブだが、スピードの出し過ぎで衝突したとみられている。

ルーレット族の事故12件 死者も

その後の捜査の過程で、小野田容疑者が、当時、ルーレット族仲間の石田容疑者らと”レース”をしていて、事故を起こしたことがことが判明。高速隊は、「共同危険行為等の禁止」を適用し、4人の逮捕に踏み切った。4人は、お互い面識のある者もいれば、初対面の者もいたという。

逮捕された小野田容疑者らは「気晴らしのつもりで走った。レースのようなことをしてしまった」と供述している
逮捕された小野田容疑者らは「気晴らしのつもりで走った。レースのようなことをしてしまった」と供述している

当て逃げ事件について小野田容疑者は「私はルーレット族で、事故後、車はすぐに廃車にした」と供述していた。廃車とは、まるで証拠隠滅行為にも見える。そして、今回の逮捕容疑について4人は、「気晴らしのつもりで走った。レースのようなことをしてしまった」と容疑を認めている。

高速隊によると、ルーレット族が絡む交通事故は、今年だけで12件発生。このうち1件は死亡事故だった。当事者はいずれも検挙されている。「気晴らし」の暴走行為により、死者まで出ているとは。警視庁には、ルーレット族に対する、さらなる取り締まりの強化が求められている。

記事 1237 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。