北朝鮮メディアは、金正恩(キム・ジョンウン)委員長が出席する朝鮮労働党の会議で、「核戦争の抑止力を強化するための新たな方針が示された」と報じた。

24日朝の労働新聞は、党中央軍事委員会の拡大会議について報じ、「核戦争の抑止力を強化し、戦略兵器を臨戦状態で運営するための新たな方針が示された」と伝えた。

そのうえで、「砲兵の攻撃力を決定的に高めるための重大な措置が講じられた」と強調した。

非核化をめぐる米朝交渉が膠着(こうちゃく)する中、あらためて核・ミサイル開発を強化していく姿勢を示唆した形。

金委員長の公の活動が報じられるのは、5月2日以来、22日ぶり。