自民党の茂木幹事長と日本維新の会の馬場代表が、2日夜都内で会談し、旧統一教会問題の被害者救済新法など、内外情勢について意見交換した。

会談は約3時間行われ、茂木幹事長と馬場代表のほか、自民・梶山幹事長代行、高木国対委員長、日本維新の会の藤田幹事長、遠藤国対委員長が同席した。

会談後、自民党の茂木幹事長は記者団に対し、物価高対策や被害者救済の新法をめぐる対応、国際情勢などについて意見交換をしたことを明らかにした。その上で、「日本の維新の会の意見も率直に聞きたいと思っていた。いい意見交換ができた」と述べた。

記事 1691 政治部

日本の将来を占う政治の動向。内政問題、外交問題などを幅広く、かつ分かりやすく伝えることをモットーとしております。
総理大臣、首相、官房長官の動向をフォローする官邸クラブ。平河クラブは自民党を、野党クラブは、立憲民主党、国民民主党、日本維新の会など野党勢を取材。内閣府担当は、少子化問題から、宇宙、化学問題まで、多岐に渡る分野を、細かくフォローする。外務省クラブは、日々刻々と変化する、外交問題を取材、人事院も取材対象となっている。政界から財界、官界まで、政治部の取材分野は広いと言えます。