サッポロビールは、来年4月からワインなどを最大で37%値上げすると発表しました。

値上げされるのはワインや焼酎の一部商品71品目です。
ワインは、「ベリンジャーカリフォルニアシリーズ」などが対象で参考小売価格の引き上げ幅は4%から37.5%となります。
焼酎も、「ささいなた」などが値上げされ、2.8%から5.3%の上昇幅です。

原材料やエネルギー価格が高騰していることなどが要因で、輸入ワインの一部には今年7月に続いて「再値上げ」になる商品もあるということです。

アサヒビールやキリンビールも来年4月1日からウイスキーなどの出荷価格を引き上げることにしていて、酒類でも値上げの動きが広がっています。