新型コロナウイルスの感染対策として、政府が全世帯に配る布製マスクの配布が三重県でもようやく始まりました。

 23日午前10時過ぎ、津中央郵便局では布製マスク2枚が入った郵便物がバイクに積み込まれ、出発しました。

県内ではおよそ84万6000軒分の配布が予定されていますが、22日までに納入されたマスクはおよそ2万8800軒分にとどまっています。23日はこのうちの4割ほどが配達されます。

 日本郵便・東海支社の担当者は配布予定の残りマスクの納入について、「今後のスケジュールは分からない」としたうえで「届き次第、速やかに届けます」とコメントしています。

 政府の布製マスクを巡っては安倍総理大臣が唐突に配布を表明したことなどから、「アベノマスク」と揶揄する声が上がっています。