県は歩道などにテラス席を設けていわゆる3密を避けた屋外飲食の需要を検証しようという社会実験を22日佐賀市で始めました。【リポート】「金曜日の午後7時すぎです。このように店の外に席を設けて飲食のサービスを始めました」この社会実験はいわゆる「3密」が避けられる屋外での飲食の需要がどのくらいあるのか、また、終息後を見据えた飲食店経営の在り方を検証しようというもので佐賀市内の居酒屋やレストランなど12の飲食店が参加しています。22日は歩道などに設けられたテラス席で同僚や友人同士で食事を楽しむ姿が見られました。【利用客】「飲食店は困っているみたいなのでこれくらい開かれた所だったらいいのかなと」「特にきょうみたいな暑い日は外で飲むのが気持ちいいと思っていたのでいいきっかけになった」【参加した店はー】「外だったら気兼ねなく飲食できると思う。(少しでも)にぎわうようになればいいなと」この社会実験は6月6日まで午後6時半から午後10時まで行われ、県は「客にアンケートに答えてもらうなどして課題を洗い出していきたい」としています。