「ゴトゴト」と音をたてて動くはずの石が動かなくなっている。

この記事の画像(11枚)

「どうしても受かりたい」多くの受験生が思い込めてきた“ご神体”が…

本格的な受験シーズンを前に、高知市の人気ゲン担ぎスポットで、悪質ないたずらに地元住民から怒りの声が上がっている。

本来は「ゴトゴト」と音を立てながら揺れ動くはずだが…

記者リポート:
私が精いっぱい押しても、ビクともしません。

このゴトゴト石は、重さ5トン以上。
400年以上前から切り立った崖の上にあり、どんなに押しても絶対に落ちることはなかったという。

「落ちそうで落ちない」ことから、受験生などから人気のゲン担ぎスポットとなっているゴトゴト石。

ところが、11月下旬、何者かによって動かなくされてしまったという。
なぜ動かなくなってしまったのだろうか。

記者リポート:
ゴトゴト石の近くには、これまでになかった、朽ち果てた木が散乱しています。

地元住民によると、何者かが木を隙間にかませて、ジャッキを使いながら徐々に石を上に傾けたのではないかという。
上に傾けられたことで、動かなくなってしまったゴトゴト石。

3日前に撮影された写真には、ゴトゴト石に緑色のバンドが巻かれている。

石を動かすのに使ったのか、現場には丸太やジャッキ、そして手袋などが入った袋が放置されていた。

隣の石とのすき間もなくなり…

以前は、ゴトゴト石とその隣にある石との間にすき間があったが…

その隙間はなくなっていて、大きく動かされたことが分かる。

誰が何のために、人々の思いを裏切る悪質ないたずらをしたのか。
地元の住民からは怒りの声が…

地元住民 植田勝之さん:
ふざけんなという話ですよね、ご神体なんで。力自慢が落とそうとしても、力士が押しても落ちなかったとかっていうので、みんな大事にし始めて、今に至ってるんでしょう。
「どうしても受かりたい、どうしても受かりたい」という思いを、ここへ込めるわけで。神様を感じやすい接点なわけですけど、それをおろそかにして…

地元住民は復旧方法を検討していて、被害届を出すかは警察と相談して決めたいとしている。

(「イット!」12月1日放送分より)