買い物をしながらアートに親しんでもらおうと、那覇市のデパートでは芸大生たちの作品を集めた展覧会が開かれています。

デパートりうぼうで始まった展覧会には、県立芸術大学に通う学生が贈り物や才能を意味する「ギフト」をテーマに製作した作品が展示されています。

絵画や彫刻に加え短編のアニメーション作品も上映されていて、デパート全体が学生たちのエネルギー溢れる表現の場となっています。

大和泰陽さん「この中にあるイラストとか遊び心というのは自分の人生を表しています。お買い物しながらでも美術作品の良さというのを感じていただければと思います。」

ウィズ・アートは25日までで、毎週土曜日と日曜日には音楽学科の学生による琉球古典音楽やクラシックのコンサートも行われます。