売り上げの減少に苦しむ飲食店のために、インターネットで支援金を寄せるクラウドファンディングが、宮城県内460店舗を対象に始まりました。

石巻市にある老舗の割烹料理店。店長の阿部久利さんが見つめるのは、23日公開が始まったクラウドファンディングのウェブサイトです。

松竹 阿部久利店長「非常にありがたいですし勇気づけられますね」

県内の各商工会議所が立ち上げた「愛する店ドットコムみやぎ」。

利用者は、掲載されている飲食店463店舗の中から「1割増食事券」を2000円から30万円で買うことができます。

売り上げ金は各店舗に8月中に入る予定です。

こちらの店では、4月以降の売り上げが去年に比べて8割以上も減り、今回のクラウドファンディングを当面の資金繰りに役立てたいとしています。

松竹 阿部久利店長「また従来通りのおもてなしができるようになれば、この割増商品券を有効に活用してもらえれば、店としてはこれ以上の喜びはない」

クラウドファンディングは6月29日までで、9月以降に食事券が発行されます。