緊急事態宣言が解除された、大阪・兵庫・京都では、初めての週末を迎え、街には、徐々に人が戻り始めている。

大阪の繁華街・梅田。

緊急事態宣言が解除され、初めての週末は、人通りが戻ってきた。

街の人「人が多くなって、活気があっていいかな」

ブランドショップが入るファッションビルの前には、開店を待つ、たくさんの人の姿が。

兵庫県では、神戸港を発着するクルーズ船「コンチェルト」が、23日から営業を再開した。

乗客「(船はどう?)水に浮かんでてすごい」、「癒やされますね、海見ると」

23日の昼の便は、乗客が8組と少し寂しい再開となったが、ピアノなどの生演奏が奏でられる中、船の旅を楽しんでいた。

観光地・京都では、営業再開に向け準備中の店が多く、人の姿はそれほど多くはなかった。

訪れた人「駐車場もガラガラだったし、完全に終息したわけではないですから、徐々にという感じじゃないでしょうか」

京都御所も、1カ月半ぶりに公開が再開されたが...。

訪れた人「外国人のお客さんもいないので、貸し切り状態みたいで寂しい感じはする」

関西で緊急事態宣言が解除された一方で、首都圏の1都3県と北海道では、今も継続されている。

東京・世田谷区の下北沢では、休業していた店舗が営業再開し始め、買い物客など多くの人が行き交っていた。

政府は、このまま感染者数の減少傾向が続けば、25日にも、東京などの緊急事態宣言を解除する方針。

23日は、西武池袋本店などで、これまでの食品売り場に加え、生活必需品の売り場が再開された。

利用客「(再開を)結構楽しみにしていました」、「(デパートは)ちょっとおしゃれな雰囲気味わえる。だから(再開を)待っていました」

首都圏の観光施設も営業再開が相次いでいる。

さまざまな絶叫マシンで知られる、山梨県の富士急ハイランド。

23日から、山梨県在住者に限定し、営業を再開した。

入り口で検温を行い、マスクの着用を義務づけている。

来園者「(どこから来た?)甲府です。人が少なくていい。乗り放題です」

栃木県の那須どうぶつ王国も、23日から営業を再開。

家族連れなど、たくさんの人が訪れ、オットセイのショーなどを楽しんだ。

飼育員「動物たちも、絶好調で頑張りました!」

来園者「自粛中にインスタグラムを見ていて、見ていた動物たちに会えるのを楽しみにしていた」、「うれしい!!」

緊急事態宣言が解除されても、都道府県をまたぐ移動は、今も自粛が求められている。