東京都の新型コロナウイルスの医療提供体制について、警戒レベルが引き上げられ、上から2番目になることがわかった。

都内の新型コロナの入院患者数は、この3週間で2,000人台から3,000人台に増加、病床使用率も4割を超えた。

関係者によると、医療提供体制について、「体制強化が必要な状況である」として、1日の専門家会議で、警戒度を一段引き上げ、4段階のうち、上から2番目に引き上げる。

新規感染者数の7日間平均が12週間ぶりに1万人を超えたが、感染状況については、上から2番目に据え置く方針。

都は、医療提供体制の強化をするとともに、人の移動が増える年末年始に向け、ワクチンの接種をあらためて呼びかける考え。

記事 1237 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。