プレスリリース配信元:株式会社estie

晴海フロント売却理由「晴海エリアのオフィス需給動向の注視が必要な状況」とは?

企業による価値創造の心臓部であるオフィスをはじめとする商業用不動産業界のデジタルシフトを推進し、日本最大級の商業用不動産データ分析基盤「estie pro」を提供する株式会社estie(本社:東京都港区、代表取締役CEO:平井瑛、以下「estie」)は、最新不動産ニュースを「estie pro」により分析し、注目エリアの不動産動向の考察内容をレポートする「ESTIE PROPERTY JOURNAL」(https://www.estie.jp/products/research/docs/)を配信開始します。第1回目となる2022年11月号は、2022年11月に売却が発表された晴海フロントの売却理由である「晴海エリアのオフィス需給動向の注視が必要な状況」について調査しました。




estieは、「産業の真価を、さらに拓く。」をパーパスに掲げ、商業用不動産業界が抱えるデータ流通の課題をデジタルシフトにより解決し、業界の取引をなめらかにするプロダクトを提供しています。主要サービスである日本最大級の商業用不動産データ分析基盤「estie pro」は、50以上の不動産デベロッパー・管理会社・仲介会社等による独自情報を日々集約し、自動で処理するデータパイプラインを構築し、オフィス賃貸業やオフィス投資業に必要なあらゆる情報を一元化して提供しています。ビルオーナーや仲介会社、テナント企業といった不動産事業者が抱える課題をテクノロジーにより解決し、意思決定をサポートしています。

この度、新たに配信を開始する最新不動産ニュースの分析レポート「ESTIE PROPERTY JOURNAL」(https://www.estie.jp/products/research/docs/)では、様々な注目エリアにおける商業用不動産の最新動向を「estie pro」を用いて考察していきます。また、最新の不動産ニュースを起点に「estie pro」で実施可能な調査・分析内容について理解を深めていただき、不動産事業に携わる方々が抱える課題の解決に向け、何かしらの気づきを得ていただけるよう、継続的に配信していきます。

<「ESTIE PROPERTY JOURNAL」を閲覧していただきたい方>
・不動産ニュース等の情報をもとに情報収集・分析を時間をかけずに行いたい方
・「estie pro」では実際にどのようなことができるか知りたい方


「estie pro」サービス概要

「estie pro」は、オフィス賃貸業に必要なあらゆる情報を提供する業界最大級のデータ基盤サービスです。全国8万棟/40万フロアの建物情報、500万坪の募集情報、24万件の賃料情報、主要都市45万件の入居企業情報等からなる網羅的なデータを搭載し、データを活用した不動産事業者の意思決定をサポートします。
サービスのデモンストレーションをご希望の方は、 https://www.estie.jp/products/research/trial/ からお申し込みください。




株式会社estie(エスティ)概要

【会社名】株式会社estie(エスティ)
【所在地】東京都港区西新橋1-1-1 日比谷フォートタワー
【代表者】代表取締役CEO 平井 瑛
【設立】2018年12月
【コーポレートサイト】 https://www.estie.jp/
【事業】
・オフィス不動産データ分析基盤「estie pro」 (https://www.estie.jp/products/research/
・賃貸オフィスマッチングサービス「estie」(https://www.estie.jp/products/finder/
・不動産領域におけるAI・機械学習アルゴリズム、新規事業の開発
※過去のプレスリリース一覧はこちら: https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/40115

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。