三重県伊勢市で、飲食店の外壁に火をつけて燃やしたとして58歳の男が逮捕されました。

 逮捕されたのは、伊勢市の自称・作業員、糀谷直樹容疑者(58)です。

 糀谷容疑者は22日午後11時50分ごろ、伊勢市岩淵の飲食店、「江戸一」の壁に灯油をかけ、ライターで火をつけた疑いが持たれています。

 近所の人らが水をかけすぐに火は消し止められましたが、「江戸一」の外壁の一部が燃えました。 当時、店は営業を終えていて、ケガ人はいませんでした。

 現場近くで行われていた水道工事の警備員が、走り去った車の色や車種を覚えていたため、警察が捜索したところ、車を発見。車は無人でしたが、その後戻ってきた糀谷容疑者から事情を聴いたところ犯行を認めたため、緊急逮捕しました。

 警察によりますと、車の中から灯油が入ったポリンタンクがみつかったということです。

 被害に遭ったのは、伊勢の玄関口、「近鉄宇治山田駅」の脇にある店で、警察は犯行の動機などを調べています。