パキスタンで住宅街に旅客機が墜落し、犠牲者は80人以上にのぼっている。

この事故は、南部カラチで22日、乗客乗員99人が乗ったパキスタン航空の国内線旅客機が着陸直前に住宅街に墜落したもの。

現地メディアは、これまでに少なくとも80人の死亡が確認されたとしているが、大勢の住民も巻き込まれていて、現場での捜索活動は数日かかるとみられている。

ネットに公開された航空管制官との交信とされる音声記録によると、パイロットはエンジンの停止を伝えていて、航空当局は墜落の原因を調べている。