首都圏では、自治体ごとに小中学校の再開に向けた対応を始めている。

東京・港区では、小学校が6月1日から、中学校が2日から分散登校を開始し、7月1日から通常登校となるほか、夏休みは8月1日から24日までに短縮する方針。

また、小金井市では、5月25日から週2日ほど、1日1コマの授業を行う準備登校日とし、6月15日からは通常登校に戻すなど、自治体ごとの対応となっている。

一方、埼玉県は、6月1日から、県立学校を段階的に再開し、22日には通常登校に、神奈川県も6月1日から順次再開するとしている。