22日、新たに確認された新型コロナウイルスの感染者は、全国で23人で、東京都では、緊急事態宣言以降、最も少ない3人だった。

東京都では、新たに3人の感染が確認され、1日の感染者数としては、緊急事態宣言が出されて以降、最少となった。

一方、これまでの感染者のうち7人が死亡し、死者は263人にのぼっている。

神奈川県では、横浜市で4人など7人の感染が確認されたほか、北海道では、集団感染が起きている北海道がんセンターで、82人目となる女性看護師(40代)の感染が判明するなど5人の感染が確認され、全国の新たな感染者は23人だった。

また、緊急事態宣言解除の目安の1つとなる直近1週間の感染者数「10万人あたり0.5人程度以下」について、午後11時現在、東京、埼玉、千葉は満たしている一方、神奈川県は0.77、北海道は0.59と目安を超えている。