東京高検の黒川検事長の辞職が閣議で承認されたが、国会では、その退職金が問題になっている。

賭けマージャンを行っていたことが発覚した、東京高検の黒川検事長の辞職が、22日の閣議で承認された。

国会で問題となったのは退職金。

野党会派・小川淳也議員「退職金も6,000万とも7,000万ともいわれるが、これが今の国民感情に照らして適切だとはとても思えません」

安倍首相「検事総長が事案内容等、事情考慮し処分を行ったものであると承知している」

6,000万円以上とされる満額が至急される見通しで、その理由は、処分が懲戒にあたらない「訓告」となったため。

森法相「必ずしも高額とはいえないレートで行われたこと、深く反省していることを考慮して今般の処分とした」

国民民主党・後藤議員「反省していれば、そんなに高くないレートなら、やっていいんですか。賭けマージャン」

野党側は、森法相の辞任を求めている。