データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

プレスリリース配信元:SDKI Inc.


調査期間: 2022年11月13日―11月21日

調査業者: SDKI Inc.

調査対象: 当社は、あらゆる規模の 551の市場プレーヤーに対して調査を実施しました。

有効な回答の数: 551

調査方法:: 実地調査 250、インターネット調査 301

調査回答者: 調査は、収益に基づいて企業を対象に実施されました。

調査結果: -

質問: パーソナルケア製品と見なされる製品は何ですか?これらの製品はどのくらい人気がありますか?

一般的に言われている「パーソナルケア製品」の一部は化粧品です。これらの化粧品には、香水、皮膚保湿剤、口紅、シャンプー、ヘアカラー、デオドラント、歯磨き粉などが含まれます。以下は、これらの製品を使用している人数のデータです。-

シャンプー- 2020年に 約307.88百万のアメリカ人がシャンプーを使用しました。
香水- 2020 年に 136.8百万のアメリカ人が香水を買いました。
口紅- 2020 年に米国の123 百万の女性がリップグロスまたは口紅を使用しました。
歯磨き粉- 2020 年にの308 百万のアメリカ人が歯磨き粉を使用しました。


このデータは、パーソナルケア製品が人々の日常生活において重要な役割を果たして、大きな需要があることを示しています。

質問:パーソナルケア製品の製造に、主に使用されている化学物質は何ですか?

以下に書かれているのは、パーソナルケア製品の製造に大幅に使用されるいくつかの化学物質です: -

タルクーこれは、パウダーやコンシーラーなどのさまざまな化粧品の主成分です。
ALS(ラウリル硫酸アンモニウム)―歯磨き粉、シャンプー、シェービング フォーム、泡風呂などには ALS があります。これは、液体の表面張力を回避することにより、陰イオン界面活性剤として機能します。
ホルムアルデヒドーこれは、ネイルペイントやネイルペイントリムーバーなど、多くの化粧品やパーソナルケア製品に使用されています。実際これは、コンディショナー、シャワージェル、液体ハンドソープ、スキンモイスチャライザー、歯磨き粉などのさまざまな消費者製品にもごく少量使用されています。
アルコールーこれは香水の最も一般的な成分です。イソプロパノールは、液体の粘度を下げるために使用されます。
ラノリンーヒツジの皮脂腺から抽出されるとろみのある物質で、保湿、髪、皮膚、爪に使用されます。
ミネラルオイル/ワックスーミネラルワックスは、化粧品で最も一般的に使用される成分です。オイル/ワックスは、パラフィン ワックス、オイル、石油などの製品の主な成分です。


質問: パーソナルケア用化学品市場の主要な分類は何ですか?

パーソナルケア用化学品市場は、成分とアプリケーションによって分類できます。市場は、さらに次のように分類できます: -

1. 成分


不活性成分
有効成分



2. アプリケーション


スキンケア
ヘアケア
化粧
フレグランス
口腔ケア
トイレタリー


質問: 不活性成分と有効成分のカテゴリーに何が含まれますか?

不活性成分に含まれる化学物質のカテゴリーは、界面活性剤、乳化剤、皮膚軟化剤、着色剤、防腐剤などです。また、有効成分の下にあるケミカルの種類は、コンディショニング剤、UV成分、アンチエイジング、角質除去剤です。

質問: スキンケア用途がより高い成長をすると推定される理由は何ですか?

パーソナルケア用化学品市場では、スキンケア用途が約 40% と推定されて優勢です。若年人口の増加、洗練されたライフスタイルの好み、人々の可処分所得の増加が、潜在成長率が高い主な理由です。これにより、世界のスキンケア市場は、年間平均約 5.1% の成長率で成長すると予測されています。

質問: パーソナルケア用化学品市場で有望な機会を保持すると予想される地域はどれですか?

アジア太平洋地域は、パーソナルケア用化学品市場で最も有望な機会を保持すると予想されます。特に、インドのパーソナルケア用化学品市場は、他のアジア太平洋諸国の中で12.2%以上の最速の成長を記録すると予測されています。一方、2番目の地域は、パーソナルケア用化学品市場で良好な成長範囲を提供すると予想されるのは北米地域です。

当社について:

SDKI の目的は、成長指標、課題、トレンド、競争力ランドスケープなど、信頼できる調査の洞察をクライアントに提供することです。当社は、さまざまな市場部門と協力し、クライアントに可能な限り最高のサービスを提供し、賢明な決定を下すのを支援する専門知識を持っています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

記事 17827 PR TIMES