政府が現在検討している「反撃能力」の中核装備として開発を進めるとしている「極超音速ミサイル」について、予算規模が今後10年間で数兆円にのぼる見通しであることが、FNNの取材で新たにわかった。

防衛力の抜本的な強化を検討している政府は、音速を超える速度で飛ぶ「極超音速ミサイル」を開発を進めるとしているが、2030年代には配備する計画で、予算規模が今後10年間で数兆円に上る見通しであることがわかった。

政府は、射程距離3000キロの「極超音速ミサイル」の北海道への配備を検討している。配備されれば北朝鮮や中国本土が射程圏内となり、「反撃能力」の中核装備として大きな抑止力となることが期待されている。

政府は、この計画を年末までに改定する防衛3文書に盛り込む方針だ。