政府は、スタートアップへの投資額を今後5年間で10兆円規模まで拡大することなどを盛り込んだ計画を取りまとめた。

岸田首相「この計画を着実に実行することにより、日本をアジア最大のスタートアップハブ(集積地)とする」

政府が取りまとめた5カ年計画では、スタートアップへの投資額を現在の10倍以上となる10兆円規模まで引き上げるとしている。

また、時価総額が1,000億円を超える未上場企業、いわゆる「ユニコーン」を現在の6社から100社に増やすことも目標に掲げている。

スタートアップへの投資をしやすくするための税制の優遇や、社会課題を解決するスタートアップの新しい認証制度の創設なども盛り込まれた。