FIFAワールドカップでの快挙を、天皇皇后両陛下と長女の愛子さまも喜ばれているという。

側近によると、23日夜は、重要な宮中祭祀(さいし)の「新嘗祭」があったため、愛子さまだけがテレビ観戦し、ご一家で日本代表の活躍を喜ばれたという。

陛下は11月2日、ドイツの大統領夫妻と面会の際、両国が同じグループであることを話題にされていた。

ご一家は24日午後、東京都内の博物館を訪問された。

そろって公の場で活動されるのは、およそ3年ぶり。