海上保安庁のヘリが駆けつけたのは、陸地から約900キロ離れた、太平洋の海の上だった。

提供:海上保安庁
提供:海上保安庁
この記事の画像(6枚)

SOSを出したのは、海に浮かぶサンマ漁船。
上空から特殊救難隊の隊員が、ロープ1本でつり下がっていく。

漁船に降り立つと、すぐに救助を始める隊員。「ゆっくり」「いいですよー」と、声をかけながら作業を進める。

突然、意識を失い倒れたと言う乗組員の男性。一刻を争う状況だ
突然、意識を失い倒れたと言う乗組員の男性。一刻を争う状況だ

運ばれていたのは、乗組員の50代男性。突然、意識を失い倒れたという。一刻を争う状況が、宮城県の陸地から約900キロ離れた太平洋上で起きていたのだ。

救助要請はいつも地上からだとは限らない
救助要請はいつも地上からだとは限らない

担架に乗せた男性を、ヘリにつり上げる。
ヘリから支援する隊員のカメラでは・・・。

船が立てる白波の上で、担架が少しずつ、ヘリへと迫ってくる。
救助される男性が横たわり、隊員がその上にまたがるような態勢で、慎重に担架をコントロールしている。

ヘリに収容すると、男性の状況を確認。移動中も、命をつなぐ行動が続けられた。
病院に運ばれた男性はその後、会話ができるまで回復したということだ。

(「イット!」11月23日放送分より)