23日朝早く、鹿児島市で下り坂を走行中の軽自動車が道路脇のコンクリートの壁に衝突し、運転していた81歳の男性が死亡しました。

警察によりますと23日午前6時ごろ、鹿児島市新照院町で、下り坂を走行中の軽自動車が道路左脇のコンクリートの壁に衝突しました。

この事故で、軽自動車を運転していた鹿児島市西田2丁目の大山綱道さん(81)が頭から出血があり意識不明の状態で病院に運ばれましたが、約2時間40分後に死亡しました。

現場は城山と国道3号をつなぐ坂道の途中で、カーブが続く下り坂となっています。

警察が事故の詳しい原因を調べています。