2024年、鶴岡市に開校する県立致道館中学校・高校の保護者説明会が22日開かれ、入試の日程や定員などが公表された。

致道館中学校・高校は、鶴岡北・鶴岡南の2つの高校を統合し、再来年の2024年4月に開校する。県内では2校目、庄内地方では初めてとなる中高一貫型の県立学校。
鶴岡市では22日、保護者向けの説明会が開かれ、中学校については定員を99人とした上で、入試日を2024年1月6日にすることが公表された。
これは県立東桜学館中学校と同じ日程で、県内全域から応募ができ、部活動については、運動系を5つ、文科系を2つ設置する予定。
高校については、理数科80人、普通科200人の定員280人で、特色を出すため理数科を第一志望にした場合だけ、普通科を第二志望として選択できるようにするという。

県教育委員会は、23日夜に酒田市でも同様の説明会を開くことにしている。